那須紅葉

watanabe
今週来週ロープウェイあたりのの紅葉は最高です。ロープウェイ駐車場は狭くて大渋滞するので歩ける人は大丸ドライブイン駐車場に車を置いて歩いてロープウェイまで行った方が良いです。渋滞なしでロープウェイに乗るには8時前にはロープウェイに着いていないと無理です。上の駐車場周りは想像以上の大渋滞なので注意してください。ちょっとロープウェイでも乗るか!という人は、山頂を目指すより牛ヶ首の方へ行って来た方がおすすめです。この写真は先週の那須登山。実は霧でほとんど見えなかったけれど山頂も風がなく気温も丁度良くて終わってみれば良い山登り。山を歩くと景色は見えなくても心にはいろんな物が残ります。
キクチ

カテゴリー: PEN

新月の夜

今夜は10月の新月ペーパームーン、天気図では高気圧の場所もいいから夜空を見るには最高の夜。宇宙には2000億個以上の星があるらしいよ。
1730「新月の夜」訂正 関東地方の一部に雨雲あり!那須は今のところ雲り空。PS、4日昼那須茶臼岳山頂にてSHOZO山コーヒーのため那須店黒磯店ともにお休みとなります。

カテゴリー: PEN

黒磯店の前の道を山の麓まで行ったところにある川でコーヒーしました。仕事前にこんなところでコーヒーできるなんて本当にありがたいです。この川でも豆はモカで飲んでみました、美味しかった。

カテゴリー: PEN

風の丘へようこそ!

この丘に初めて来たのは、北海道から戻ってきて間もなくの頃ですからもうすでに30年近くの時間が過ぎています。まだお店を作る前、どこでお店を作ればいいのだろうと悩みながらいたころ、細い道に迷い込んでたどり着いたのがこの丘。心の中に特別な場所があってそこの扉はなかなか開いてくれないのですが、ここは気がつくと扉が開くどころかなくなっていて、心の奥で小さくなっていたものが外に出て飛び回る、透き通る場所。こんなに沢山の人間とここに来たのは初めての事ですが、まー、これまでもこれからもいろいろあるわけでこの冬の俺からのプレゼントというわけです。ミルクティーとコーヒーを飲みました。

カテゴリー: PEN

シチューいただきました。

白線文庫さんの秘密基地、白線小屋の完成食事会に参加してきました。狭いスペースながら16人もの人が会しての食事会、美味しく楽しく過ごさせていただきました。白線小屋のこれからもとても楽しみです。 キクチ

カテゴリー: PEN

喫茶店GW

ふと客席を見ると大きいテーブルにも窓際のテーブルにも奥の小さいテーブルにもその陰にも懐かしい顔。みんな久しぶり、一緒に来ているのは娘さんかい?お母さんもつれてきているんだ、新聞読んでいるのが旦那さんだね、本当に久しぶり。子育てもすぎてまた来れるようになりだしたわけだ、んーお疲れさん。話をした事のある人たちばかりではないし名前も分からないけれど、顔はだいたいわかるよ、子供たち大きいね。珈琲作りながら心の中で独り言。帽子をかぶっていたので顔は隠せたけど本当のところは胸がいっぱい。目がにじんできちまって豆が見えない。みんながんばれよ、元気でね!

カテゴリー: PEN

小太郎が淵

この車で行けるのかなと思うくらいのやばい場所にある団子屋は塩原の細い山道を登って降りた少し薄暗い川沿いにある。大きな岩の上をなめるように流れる先にある深い淵をぐい!と顔を出してのぞいてみると川の底に住んでいるカッパがこっちをみてて、おい!ショウゾウ!とかん高い声で呼んでいるような気がしてくる。鬼太郎のおやじも団子を食べに来ていそう。
カテゴリー: PEN

ううじんライブ


札幌の古いマンションの中にある石けん屋さんでいただいたCDを黒磯に戻って聴いてみたら、とても心にしみる歌で黒磯の皆さんにもお聴かせしたいな!と思ったのが始まりでした。あれから3年、この11月20日ううじんが黒磯に来ることになりました。あわただしい日々ですがしばし手を休めてううじんの歌を聴いて頂ければと思います。

前予約2000円 当日2500円
予約問い合わせ メール/ticket@shozo.co.jp
電話/0287-64-4065又は店頭にて。
高校生以下半額 
カテゴリー: PEN

太陽がありがたい。


集合時間8時50分にあわせて那須店に向かうと空は晴れているのに遠く山の方に虹が出ていて、きれいと思いながらも晴れているのに虹が出るなんて変な天気。虹が出ているということはあの辺に雨が降っているということではないか?変な天気だなーと思いながら那須店に着くと今日の山隊長野崎も空を見上げながら一言、ヤバイッスね!雲がすごいスピードで新潟方面から流れてきていて山頂付近があっという間に黒くなってきた。少しくらいの雨なら登ると決めてやってきたのだが、山頂は風速30メートルの風ロープウエイはうごいていません。と隊長からの情報、やばい。どうする。そんな時松本が一言、とりあえず行っちゃいますか!少し無理をしないと何もできないからね、即決定。


「山のお菓子」を一人一人に配って出発。一番上の駐車場、標高1400メートル付近に着くと想像以上の寒さにびっくり。寒すぎて笑うしかない。まさかのぼらないだろうと半分くらいの人は思っていたと思うのだが、隣に立っていたわりと薄着の柴田にどうしよーなーと振ってみると、ここまできたのだから当然のぼりましょうよ!みたいなリアクション。決めた、行けるとこまで登ろう。登り始めると思ったよりはスムーズに登れ樹林帯は風も遮られ寒さも半減、樹林帯を抜けると目の前に朝日岳の斜面の紅葉が見えだし熊笹と紅葉のコントラストがすばらしい。これは結構行けるかなと思いながら進んだのだがそれもつかの間猛烈な風が吹き出して、小石が飛んできて顔に当たって前を向けない。うしろを見ると女性陣がじゃがみこんでいる状態。峯の茶屋までと思いながら歩いたのだがここで戻りとなったのでした。それでも駐車場付近の休憩小屋でお湯を沸かし、ご飯を食べてコーヒーを入れて、山とコーヒーに乾杯。

那須店まで戻ると空には青空も見え、上の方とはまるで違う天気、山は準備をしっかりして行かないと行けませんね、町の天気に少し足したくらいでは全然追いつかない10月、風の山。一緒に歩いた仲間も太陽のありがたさをしみじみ感じた2011年10月7日SHOZO那須登山でした。さーてと、百村に行かなくちゃ!
カテゴリー: PEN